スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.09.24 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

背中ニキビを食事で予防!積極的に摂取したい栄養は何?



背中ニキビを予防するのに食事の栄養バランスを見直すことがあります。特にニキビは、食事バランスと大いに関係がありますので、それを改善することは予防につながるわけです。

そこでニキビ予防に効果のある栄養や食材について紹介します。一般的にニキビに良い栄養として挙げられるのがこれらです。やはり洋食よりも和食、さらに肉類よりも魚、そして果物・野菜を積極的に食べたいところですね。

●ビタミンC
ビタミンCには、抗炎症作用があるとされています。こと美容を意識するならビタミンCといわれるくらい重要な栄養です。このビタミンCが減少すると、炎症を抑えることができなくなり、ニキビもできやすくなるといわれています。このビタミンCを含む食材がこれらです。野菜や果物に多く含まれているます。

果物類(レモン・オレンジ・イチゴ・柿など)
野菜類(大根おろし・ネギ・トマト・ニラ・キャベツ・レタス・小松菜・春菊・アスパラ・白菜・青豆・レンコン・ゴボウ・ニンジン・ニンニクなど)
その他(牛乳など)


●ビタミンA
ビタミンA不足は、毛嚢孔の角質増殖と関係があり、毛穴が塞がりやすくなるそうです。そこでビタミンAを多く含む食材がこれらです。

野菜類(カボチャ・にんじん・トマト・小松菜・春菊など)
果物類(桃・みかん・ビワ・バナナ・イチゴなど)
その他(うなぎ・バター・卵・牛乳など)


●ビタミンB2
脂質の代謝と関係があるビタミンB2。ビタミンB2を多く含む食材がこれらです。

野菜類(ほうれん草・かぼちゃ・トマト・キュウリ・大豆食品(青豆・納豆・味噌など)・干しシイタケ・焼き海苔など)
魚貝類(ハマグリ・アサリ・サバ・ワカサギ・ウニ・ワカメ・サバなど)
その他(牛肉・レバー・酵母・牛乳・卵など)


●ビタミンB6
皮脂分泌と関係があるビタミンB6。代表はレバーですね。またビタミンB2と重なる食材が多いのも特徴です。

野菜類(ホウレンソウ・干しシイタケ・焼き海苔・若布など)
魚貝類(サバなど)
その他(レバー・牛乳・卵・酵母など)


なお背中ニキビに良くない食べ物といえば、スイーツなどの甘いものです。さらにアイス・ケーキ・チョコレート・お煎餅・ナッツ類・揚げ物・焼肉などもそうです。特に脂っぽいものを食べるとニキビができやすいという方が多いのですが、これは個人差もある感じですね。またチョコレートとニキビは、関係が無いともいわれていますが、適量がいいのかもしれませんね。

クリアボディローションで背中や胸元のニキビ予防!薄着に欠かせないニキビケア!


 
背中や胸元のニキビ対策にオルビス『クリアボディローション』
クリアボディローションは、背中ニキビや胸元のニキビを予防するボディローションです。その使用感は、メントール配合なので、かなり爽快感があります!お風呂上りから、汗でべたついた素肌にシュっとひと吹きするだけで気持ち良いですよ!


なおクリアボディローションには、薬用成分(グリチルリチン酸ジカリウム)や保湿成分(植物エキス)が配合してあるので、ニキビや肌荒れを防ぐ効果から、ニキビ跡の心配も必要ないそうです。


さらにスプレータイプなので、逆さにして使うこともできます。これ背中に吹き付けるには逆さにするのが一番なのでかなり便利な一品なのです。


背中ニキビの原因は!


実は背中ニキビは、主に背中や胸元という場所が皮脂分泌が多く、汗をかきやすいことが原因と言われています。なお汗を拭きとっていても、必ず拭き残しもありますからね!直接見えない背中は特に注意なのです。


さらにシャンプーやコンディショナーの洗い残し(すすぎ残し)も原因になっていることも多いですね!シャワーからあがって、塗れた髪の毛を素肌に付けていては、背中ニキビの原因になるわけです。この辺のニキビケアは、シッカリ対処しておきたいですね!


クリアボディローションは、1,365円とお求めやすい価格なので、汗ばむ季節には是非1本用意しておきたいですね!


背中・胸元のニキビつくらない!